バルトレックスが有効な性感染症検査は保健所では無料

バルトレックスは、ヘルペスや単純疱疹、帯状疱疹、水疱瘡などの治療に有効とされ、バルトレックスの主成分バラシクロビルはアシクロビルに必須アミノ酸のバリンを化合させ、体内への吸収率や生理学的利用能を高めたアシクロビルのプロドラッグです。
バルトレックスは、比較的副作用の少ない抗ウイルス薬ですが、体質によっては下痢や吐き気などの胃腸症状と発疹などの皮膚症状などの副作用があらわれるケースもあります。
バラシクロビルは、体内に吸収された後にチミジンキナーゼなどの働きにより加水分解とリン酸化を経てアシクロビル三リン酸となり、感染細胞内でDNAポリメラーゼの働きを鈍化させ、ウイルスの遺伝子情報の転写を阻害しウイルスの増殖を抑制する効果があります。
保健所や保健福祉センターなど自治体指定の医療機関では、HIVやヘルペス、クラミジア、梅毒などの性感染症の検査や相談が原則無料で受ける事が出来ますが、海外渡航用のビザ発給に必要なHIV検査や証明書の発行手数料などは、無料で無く自己負担なので気を付ける必要があります。
保健所や保健福祉センターの性感染症検査は、より多くの人に検査を受けて貰い性感染症の感染を予防する為に、無料に加えて予約の必要が無く、実名を名乗る必要も無く匿名で相談や検査を受ける事が出来ます。
検査結果は、約1週間程度で判明しますが、本人が指定日時に検査を受けた保健福祉センターや保健所に出向き、直接面談で検査結果が伝えられ、陽性反応の項目があり要確認検査となった場合は、更に本格的な検査が実施されるので、再度指定日に本人が指定の医療機関へ出向く必要があります。検査は、匿名で行われ住所などの記入も無いので、電話や郵送による結果通知は一切行われていないので注意する必要があります。

ページトップへ