バルトレックスによる単純性紫斑病に有効な予防方法

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える薬で、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペスなどの治療に有効です。バルトレックスは医師の処方が基本ですが、個人でも輸入することができます。しかし正しくバルトレックスを服用しなかった場合や、体質によっては重大な副作用を引き起こすことがあります。その一つが単純性紫斑病です。健康な人でも強く体をぶつけると皮膚の中で出血が起こって紫色のアザができます。何もしていなかったり、僅かな打撲でアザができる病気を単純性紫斑病と言います。原因は不明ですが、毛細血管の異常が考えられます。毛細血管の壁は組織と栄養素や老廃物のやり取りのために孔が無数にあいます。さらに血液が過剰に漏れないように複雑に形成されており、原因の特定が困難です。単純性紫斑病は若い女性に多いですが、食べ物や薬剤、虫刺されなどに対するアレルギー反応で、皮下出血を起こすことがあります。バルトレックスを服用してアザがたくさんできた場合は、薬剤によるアレルギーなので予防方法として最適なのは、服用をすぐに止めることです。また食べ物ではビタミンCが皮膚な野菜や果物をたくさん食べ、偏食を改善します。食べ物の中でもプルーンは昔から単純性紫斑病の予防方法として知られています。プルーンは6000年ほど前から西洋では不思議な力のある果物と見なされていました。現代の栄養分析では、ビタミンやミネラルが多く鉄分やカリウム、カルシウムなど食べ物からなかなか吸収されにくい栄養素を多く含んでいます。市販のプルーンを1日10個食べると、十分な栄養を補給できて単純性紫斑病の予防方法になります。皮が固い場合は、乾燥プルーンをワインで煮るとデザートとして楽しめます。

ページトップへ