バルトレックス服用でも治らず効果が無いことはある?

バルトレックスは性病の中でもヘルペスに対して効果がある薬です。
どのようにしてヘルペスに対して治療効果があるのかというと、ヘルペスウイルスが細胞内でDNAを複製して増殖する働きを抑える事でウイルスの増殖を抑えます。
通常はバルトレックスは病院で処方してもらう治療薬であり、医師が判断した上で処方される以上はきちんと正しく服用していれば治らないという可能性は低いです。
ただ、ウイルスの増殖を抑える働きがあるのでありウイルスそのものを退治する効果があるわけでは無いために、ウイルスの増殖がすでにピークを迎えてからだと服用しても効果が感じられない可能性はあります。
そうでは無く、早めに服用したのに治らないというのであれば、ヘルペスウイルスがバルトレックスに対して耐性を持っている可能性があります。
耐性ウイルスの可能性はほとんど無いと言われてはいますが、可能性がゼロでは無いです。
別の可能性としては似たような別の病気であったり、医師の診断を受けずに独自の判断で薬を個人輸入で手に入れて、その薬が偽物であったり、あるいは全く異なる原因でヘルペスでは無いといった場合も考えられます。
いずれにしても症状が治らない以上は何かしら体に異常を抱えたままの状態であるのであり、素人判断でどうにか出来るものでは無いです。
そのために、あれこれと悩み続けるよりもまずは病院へ行って医師に相談するべきです。
特に最近ではネットのおかげで個人輸入で医薬品を手に入れるのが簡単になっている事もあり、病院へ行かずとも治療出来ると考える人もいますが、それでまったく病院に行かずに自分でどうにかしようとする事でトラブルになる事も多々ありますので気をつけた方が良いです。

ページトップへ